FC2ブログ

コザちゃんのくつろぎ。

コザクラインコの「コザちゃん」ですが家の中にお気に入りの

場所があります。

それは室内の物干し竿に掛けてあるハンガーの上です。

カゴから出すと、しばらくは飛んだり餌を食べたりしていますが

飽きてくるとハンガーの上で羽を繕ったり、寝てたりします。

微妙な揺れがロッキングチェアーの様で気持ち良いのでしょうね。

もっと眠くなると自分からカゴの中へ入って行きます(*^_^*)

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

20代の設計事務所

設計事務所で修業中、よく雑用をやらされていました。
シャーペンの芯やタバコ買いや掃除やカタログ整理などなど。

当時はコンピューターは少なく主に製図台で手書きにて
図面を書いていましたので消しゴムのカスやシャーペンの
折れた芯の掃除が特に大変でした。
完璧に綺麗にしないと怒られてしまう。

そんな設計事務所で毎日、朝の8時から夜の2時頃まで
働きながらも少しずつ線の引き方から図面の書き方、
建築についていろいろと教えてもらいました。

その所長も数年前に亡くなってしまいましたが、
その時の作品は今も所長の思想を反映しながら佇んでいます。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

西郷どん~

いつも録画して見ているNHK大河ドラマの「西郷どん(せごどん)」
ですが、明日は奄美大島に流された西郷のシーン<その2>です。

初めは誤解されながらも徐々に島人達と仲良くなり、島で妻(愛加那)を
もらう西郷どん。その後どんなストーリーが・・

奄美ロケでは方言指導や島唄指導・ユタ(シャーマン)監修
など多くの人がその当時の奄美を再現する為に協力して1つの作品を
作り上げてるようです。それにはお金もかかるし時間もかかる。
民放にはできないだろうなぁ・・

オープニング曲の後半では私が10年以上前から応援してます
島出身の歌手「里アンナ」さんが歌ってますよ。

NHKの宣伝になってしまいましたが、明日の放送をお楽しみに。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

オジサンが入れ食い!

わたしの出身地の奄美大島にいた頃はよく魚釣りに行きました。

潮が引くと300~500m位沖にリーフ(珊瑚礁)が現れるので
砂浜から手漕ぎボートでそこに渡り、リーフから更に沖に向かって
釣り糸を垂れるのです。広い海と広い空の間で1人で
釣りをしていると最高の気分です。

浮きの位置を調整して底物を狙うと「オジサン」という変な名前の魚が
入れ食い状態です。高級魚で刺身にするととてもおいしいですよ。
口の下にヒゲが2本生えているのでオジサンという名前です。
私もオジサンですが・・

ちなみに奄美の方言では「カタヤス」と言います。
意味はよく分かりませんが・・

餌の種類と浮きの位置と釣るポイントによって狙った魚が釣れるので
要領さえ掴めばおもしろくてハマってしまいますよ。

そんなこんなしているうちに潮が満ちてきてリーフが隠れて
しまうので急いで手漕ぎボートにて浜へ帰ります。

うちの祖父はこういう生活を毎日していました。

今日は魚がぜんぜん捕れなかった、多く捕れた、珍しい魚が捕れた、
毎日、同じ事の繰り返しの生活の中に小さな幸せを見つけて生きていく。
ネリヤカナヤ(海の向こうの楽園)を感じながら・・

都会の直線的な時間の使い方とは違う、循環する時間の使い方を
する為に奄美にIターンする若い人達が増えています。

観光客も沖縄などのパックツアーで分刻みのスケジュールで観光
するのに疲れたり、楽しさを感じなくなった人達が奄美に来て
ゆったりと自分のペースで楽しんでいます。

循環時間の流れるスローペースなアイランドがあなたを待っていますよ。


by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

都営新宿線


都営新宿線を利用するようになって長いのですが、、、

少し前から、
「停車位置に厳しくなっているな」
と感じていました。

大きくオーバーラン・ショートランしたときに、
停車位置を直すことはありましたが、
少し前、ほんのわずかのズレを直していました。

「やけに細かいとなぁ」と思ったものですが、
原因は恐らく、コレでしょうか。

IMG_2059.jpg
瑞江駅のホームドア

都営新宿線は、今年の4月1日から本八幡駅より、
ホームドアの設置を順次開始しているようで、
今日現在、本八幡駅・篠崎駅は設置完了済みで、運用も開始されています。

瑞江駅は1番線(上り)は今月13日に設置が済み、
2番線(下り)は同20日に設置を終える予定のようです。

ホームドアの設置に合わせ、決まった位置に、正確に止まるようにしているのでしょうかね。


毎日のように起こっているとさえ感じる、
ホーム上での接触事故。

その防止に、ホームドアの効果は非常に大きいと言われています。

設置条件が厳しいところもあるのでしょうが、
利用客の多い駅全てに設置できると良いですね。


とはいえ、先ずは一人ひとりが安全に気をつけないと。

歩きスマホや酒酔い歩行は、人にぶつかって迷惑をかけることがあるので絶対止めよう。

と、自分にも言い聞かせます。

by YAMAZAKI

にほんブログ村 住まいブログへ  

マーケティングの弊害

私が20代の前半の頃、建築の仕事をする前に家庭用品会社の工業デザインの仕事を
していました。
結構、大きな会社なので名前は伏せますが・・
作っていたのは洗面器や椅子・洗面台やキッチン周りの掃除用品やシリコン製品など多種に
亘っていました。

私はマーケティングに基づき、デザインをしてパースや試作モデルを作ったり・
その商品の原価や量産における効率性を考える事などを行なっていました。
あたりまえの事ですが工業製品のマーケティングは多人数の共通化を考えてデザインすると、
つまらない物になり、少数を狙った独創的なデザインだと販売数が少なくなります。
イタリアなどの様に知名度の高いデザイナーが創り、たくさん売れるような事は
まずありません。

これからの時代、マーケティングに基づいた商品はどんどん角が取れて丸くなった、
悪い意味で汎用性が高い商品になっていくのかもしれないですね。
独創的な商品は淘汰されてしまう。

テレビも同じで民放だとスポンサーや制作費・視聴率という縛りがある為に、
視聴率がとりやすい内容の薄い番組になってしまう。
唯一、そういうシガラミが少ないのがNHKなのでしょうね。だから興味深い
番組が多い気がします(工業製品でいうと独創的な商品)
POSレジによる売れ筋だけを置くコンビニ・同じデザインに見える自動車・
何とか風のショートケーキ住宅を選ばない「脱マケ」の人が増えてきています。
これからの時代、メーカーはどう対応するのでしょうか?

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

本日のイライラ!

ストレス社会ですので誰もがストレスを抱えていますが小さいイライラ
の蓄積が大きなストレスになります。

本日のイライラは「歩きながらパンやお菓子などを食べている人」
他人の事だからどうでもいいのかもしれないし、
若い世代だとあたり前のようになっているのかもしれませんが、
私のような頭が固い?古い世代?だと、なぜか気になり、見苦しく感じます。

恥ずかしくないのかなぁ・・歩きながら食べて美味しいのかなぁ・・
日本人の美徳はどこに行ったの・・なぜ家で食べないの・・

よほど時間がないのかお腹が空いているのか人が見ていようが見てなかろうが平気な顔で
大きな口を開けて頬張っている。食べた後の袋は道路にポイ捨てする人もいる。

昔は親に歩き食いをするなとよく言われたものですが、時代が変わったのですか?
でも昔の漫画では朝、遅刻しそうな主人公がパンをくわえながら家を飛び出すシーンが
あったけどね(#^.^#)

イライラは本人の受け取り方しだいかも、イライラメーターを上げないようにしないと。

by Masaru

にほんブログ村 住まいブログへ  

春に香った秋の花


少し前の話。

夜、家の近所を歩いていると、かすかに花の香りが。
その香りは、うっすらとではあるものの独特の香りだったので、
「あぁ、この香りは金木犀だな」
と、すぐ判ったのですが、、、


「金木犀の花って、秋に咲くんじゃなかったっけ?」


と、家に帰り気付きました。

で、気になって調べてみると、

どうやら、
年に2度、春と秋に花を咲かせる「キンモクセイ」や
年に何度か花を咲かせる「四季咲きキンモクセイ」があるとのこと。

近くには、立派な庭で木や花を、たくさん育てている家や、
周りの空いているスペースを緑化しているマンションがあるので
きっとそこに植わっているのだろうと思ったのですが、

翌日、金木犀の香りがしたその辺りを見てみると、
立派な庭のある家に、金木犀が植わっていたものの、
花はつけておらず、
その近所にもそれらしき花はなく、
昨日と違って、花の香りも漂ってきません。。。

どこか少し離れた所から風に乗って香ってきたのでしょうか?


春に咲く金木犀、見てみたいものです。

・・・実は芳香剤だったなんてオチだったり。。。(´・ω・`)

by YAMAZAKI

にほんブログ村 住まいブログへ  

懐かしの「親子ラジオ」

私の出身地の奄美大島では私が小学生の頃、各家庭では「親子ラジオ」という

木箱にスピーカーが組み込まれた物が壁に設置されていました。

「親子ラジオ」の語源は親機がラジオを受信して各家庭にある子機とを有線で

結ぶ事からきています。昔はラジオが高価だったから生まれた仕組みなのでしょう。

私が小学生の頃の親子ラジオは親機がラジオを受信して流すのではなく、小さな

放送局からおじさんがレコードやカセットテープを掛けたり、ちょっとした情報を

流していました。

有線で繋がった各家では朝から夜まで奄美民謡や新民謡(民謡を現代風にアレンジした物)・

出船入船(船のダイヤ)情報・火事が発生した時はどこで発生した等、

地域の情報源になっていました。

当時は大島紬の景気が良く、多数の女性が紬工場や各家庭で機織りをしていたので

BGM替わりにもなっていたのでしょう。

私の母も自宅で機織りをしていたので家では常に奄美民謡が流れていた記憶があります。

by.Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

江戸川上空こんにちは!

悪天候で南風の日にはタンカン建設がある江戸川区の上空を低空で

飛行機が次々と通過し羽田空港に着陸します。

ゴォーというエンジン音で分かりますよ。

飛行機が好きなので音でどんな飛行機なのかだいたい分かります。

あっこの音は767、これはA320だなとか、でも実際、窓から見て

合っているかどうか確認している訳ではないのですが・・・

話は戻りますが、悪天候時に飛行機が江戸川区の上空を通過する理由ですが、

通常、天気の良い日で南風の日にはパイロットの目視と計器で東京湾の縁を

縫うように旋回しながら羽田に着陸します。江戸川区の上空は通過しません。

しかし悪天候の日は旋回着陸を行なうと危険を伴いますし雨や霧で滑走路も

見えません。

それで羽田の滑走路(B滑走路)から江戸川区に向かって真っすぐに

出ている電波(ILS)に乗りながら少しづつ高度を落として滑走路に着陸します。

江戸川区にお住まいの方は悪天候で南風の時にはぜひ上空を見てみて

ください。飛行機がかなり揺れながら着陸への最終調整をしていますよ。

江戸川区上空ですと飛行機までの高さは約700~900m位ですのでスカイツリー

より少し高めな高度で通過しています。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ