FC2ブログ

ダニの季節

明日から6月ですね、まもなく梅雨入りだと思われますが、

この時期に大量発生するのがダニです。

私の家でもダニスプレーやダニシートなどを使っていますが、

コザクラインコの「コザちゃん」を飼っているので、かなり

配慮しながら使用しています。しかしダニは目に見えないので

実際に効果があるのかないのか分かりません。

布団・クッション・タンスの引き出しの隅などに生息していると

考えただけで怖いです。

梅雨前にはダニ対策を考えましょう。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

神代植物公園

「春のバラフェスタ」に家族と行ってきました。

満開の時期は過ぎていたようですが、
それでも沢山のバラが咲き誇っていました。

IMG_2190.jpg IMG_2201.jpg

IMG_2204.jpg IMG_2202.jpg

赤、黄色、ピンク、紫など、
それはもう様々なバラが咲いていたのですが、
種類多すぎ…名前が覚えられません…(´・ω・`)

ゆったりとした時間の中
バラの香りも楽しみつつ、鑑賞してきました。

たまにはこんな休日も良いものですね。

by YAMAZAKI

神代植物公園
調布は深大寺の北側にあります。

「春のバラフェスタ」は明日31日(木)まで
明日が最終日です。

バラの販売もやってます。
花好きの方、如何ですか?


にほんブログ村 住まいブログへ  

 ↓↓↓↓
続きを読む

あにぃ(奄美の方言で兄)

私の兄は私より10歳年上で私と二人兄弟です。

そんなに年が離れてると喧嘩しないでしょう?

親子みたいな関係じゃない?とよく言われますが、

とんでもございません。

私が10代の頃は取っ組み合いの

喧嘩をいつもしていて顔を見るのも嫌でした。

しかし、ある時、兄が膝の病気になって入院する事になり、

気弱になってる姿を見たり、見舞いに行ったりしている

うちに、二人しかいない兄弟だから兄を大切にしようと

思い始め、それからは喧嘩もあまりしなくなりました。

まぁ、お互い、いい歳ですしね!喧嘩なんて・・。

兄は私と同じ市川市に住んでいますので、一緒に飲みに行ったり

私の自宅に遊びに来たりしていますよ。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

遠い遠い東京。

私は18歳で奄美大島から東京に出て来ました。東京に行く方法は

飛行機で大阪か鹿児島乗り換えで行く方法と船で行く方法があります。

うちの実家はお金がなかったので船で行くことになりました。

朝、5時の出港には母や親戚達が見送りに来てくれ、

汽笛と共に船は岸壁を離れていき、島が遠ざかり、

どんどん小さくなるのを見ながら涙が出てきたのを思い出します。

船は沖縄をスタートに奄美大島・鹿児島の志布志を経由して東京へ

向かいます。いろんな乗客がいて乗船中は一緒にギターを弾きながら歌ったり、

船を追いかけてくるイルカを眺めたり、本を読んだりして過ごしました。

そして3日目の朝にやっと有明埠頭に着いたのでした。

つくづく東京は遠いなぁと感じましたよ。飛行機だと3時間位だけどね(#^.^#)

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

津軽鉄道でゆっくりと

私の妻の実家がある青森県五所川原市には「津軽鉄道」という

小さな鉄道が走っています。地元の人は「津鉄(つてつ)」

呼んでいますよ。

始発駅から終点までの約20キロを1両又は2両編成でディーゼルエンジンの

音を響かせながらゆっくりと津軽平野を走り、冬になると車内でストーブを焚いて、

その上の網で乗客達がスルメなどを焼いて食べたりしています。

夏は風鈴が車内に吊るされ短い青森の夏に涼やかな音を奏でています。

鉄道マニアも遠方から訪れて全国に1つしかなくなった腕木式信号機や

単線の為に正面衝突を防ぐタブレットとスタッフの交換作業などを撮影したり

しています。

私が20代の頃に帰省してた時はキハ形の古くて哀愁のある車両が走って

いましたが今はちょっと新しくなって写真の様な津軽21形となりました。

五所川原は太宰治の出身地なのでヘッドマークは「太宰」となっています。

津鉄に乗ってのんびりと津軽旅行はいかがですか?

by Masa



にほんブログ村 住まいブログへ  

最強のクリエイティブ集団

またまた、NHK大河ドラマ「西郷どん」の話ですが、

オープニングのドローンによるダイナミックな空撮と

奄美の綺麗な海の水中撮影がとてもすばらしいですよo(^▽^)o

「L.S.W.F」という7人のクリエイティブ集団が製作していて

CGを使わないオープニングの映像と唄により西郷の

気持ちの変化や心情を表しています。

最初の「西郷どん」と、でかい筆字の題字が出てくる

シーンもとても気に入ってます。

その題字デザインも「L.S.W.F」が行なっており、

大河ドラマの題字は毎回、書家が行なうという常識を覆しました。

「L.S.W.F」作品は今後、いろんな所で目にする事でしょうね。

今後の活躍を期待したいです。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

免許証提示願います。

免許証の番号の一番右端の数字は免許証再発行の回数が記されています。

どこかに落としてしまったり、盗まれてしまったりした場合には

回数が更新されていきます。

ちなみに私は1度、紛失してしまったので「1」です。

私の兄の数字はびっくりの「?」(゚д゚)

ちょっと記載することはできませんが、かなり大きい数字です。

再発行回数が多いとレンタカーを借りる際に免許証を提示したら

借りれなかったとの噂を聞きますが本当でしょうか?都市伝説か?

ちなみに左端の2桁は免許取得地(県)で左端から3・4番目は

取得年号(西暦の下2桁)となっています。

そのうちに免許証やパスポートがスマホの中に組み込まれる

未来が来るのでしょうか?現状ではいろんなリスクが高すぎるので

無理ですが。

未来の世界ではスマホの電池切れで免許不携帯になったりして・・

それでは。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

水栓の交換


本日は、キッチン水栓の交換に伺ってきました。

使用年数は7年程。ちょっと早かったですね…

ハンドルを上げても水が止まらなくなってしまったと言うことで


IMG_2124.jpg IMG_2123.jpg
キッチンの引き出しを外して、キャビネットの中から古い水栓を外し、、、




IMG_2125_20180524201630f7c.jpg IMG_2127.jpg
新しい新品の水栓を取り付け、、




IMG_2129.jpg IMG_2128.jpg
お湯・水の管をつなぎ、




IMG_2130.jpg
取り付け具合(ぐらつかないか)、ハンドルの状態(ちゃんと水が出て止まるか)、接続部分で水が漏らないことを確認して終了です。
(あ、最後に引き出しを元に戻します)



江戸川区及び隣接地域のみなさま、
住まいに関することなら。どんなことでもお気軽にご相談下さい。

by YAMAZAKI

にほんブログ村 住まいブログへ  

 ↓↓↓↓
続きを読む

都営新宿線2


先日都営新宿線の話をしたYAMAZAKIです。

その都営新宿線、ホームドア絡みで気になることをもう一つ。

下の2枚の写真、、、

IMG_2106.jpg 0523_20180523192910a7a.jpg

左側は都営新宿線、右は別の路線です。


そうなんです、右の写真では、ホームから看板がしっかりと確認できているのに対し、

左側はホームドアで看板の下が隠れてしまっています。。。
(多少カメラの位置の問題もありますが…)

右は新しい駅なので、ホームドアの高さに合わせて看板の高さを決めているのが判ります。

ですが、後からホームドアを設置した駅では……


今後、都営新宿線の駅の看板は、ホームドアに合わせて高さを変えるのか?

それとも、視認性が悪くなったという事で、広告料を下げるのか?

by YAMAZAKI

にほんブログ村 住まいブログへ  

写実的二次元心象三次元絵画(全部漢字)

絵が好きでいろんな作品を見てきましたが
数年前から特に気に入った画家がいます。

船橋東武で大阪物産展に来ていた知らないおばさんに偶然教えられたのですが、
写実絵画の巨匠・森本草介さんという方です。数年前に亡くなりましたが、
写実絵画ですので写真のようにリアリティがあります。ただし大きな違いは
匂い立つような存在感があるのです。五感で感じる絵とでも言えば・・

当初は写実絵画なんて本物そっくりにうまく描くだけでしょうと思っていましたが
とても奥が深くて一度落ちたら戻って来れない不思議な世界です。

欧米にも写真のように描くスーパーリアリズム(超写実)がありますが、森本さんの絵は
リアルでありながら見ている人の入る余地(僅かな曖昧さ)があるのでそこに各自の
イメージを入れる事ができる感じがします。(勝手な解釈ですので絵画評論家が
聞いたら怒るかも)
リアルを極めると視覚以外で伝わる何かを感じます。
そう2次元が3次元に変わるのです。いや2.5次元位かな?


そんな森本さんの作品が多く所蔵されているのが千葉市にあるホキ美術館です。
私もよく行く美術館ですが建物外観がとにかくすごいです。

日建設計が設計し大林組が施工のスカイツリーコンビですが
ライトもびっくりの30mものキャンチレバー(横に跳ね出し)がまず、びっくり
します。なぜこんな形?有機的狙い?機能主義?意味はない?

私の悪い頭では理由がわかりませんがその違和感(すいません)はまるでシンガポールの
マリーナベイサンズ(3つの高層ビルの上に船みたいなのが載ってる建築物)みたい。
なぜそこに船みたいなのが載ってる?・・

あまり書くと悪口みたいになってしまうのでこのへんで・・。
絵画と建物の両方楽しめるホキ美術館でした。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ