FC2ブログ

今年も半年が過ぎました。


梅雨も明けて、今日で1年の半分が終了しました。

年をとると1日1日過ぎるのが早く感じますが、

半年でどれだけ成長できたでしょうか?

楽しい事、悲しい事、辛い事など・・

昨年と比較してどうだったでしょうか?

毎年惰性で生きてると進む方向もやりがいも

見出せなくなってしまいます。

目標を定めて気持ちを引き締めて残りの半年を

過ごしていきましょう。

きっといい事があるかもよ(*^_^*)

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

冬は「足湯」・夏は「足水」

今日はかなり暑かったですね~

30度超えてたようですよ。

この前まで梅雨寒だったのにこの暑さはいったい何( ノД`)

こんな日におすすめなのが「足湯」ならぬ「足水」

汗びっしょりで暑い暑い外から帰ってきた時に洗面器に

水を入れ、氷を浮かべます。

そこに足を入れる事、約5分。体中の汗が引いていくのが

分かりますよ。ひんやり、すっきりです(* ´ ▽ ` *)

暑いからと浴室で冷水を頭からかぶったりするのは

心臓にも負担がかかりますし、一時的な暑さしのぎなので

ぜひ「足水」をおすすめします。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

6月21日は、、、


さて、今日は6月21日。
雨こそ降っていませんが、
いつ降り出してもおかしくないような、梅雨真っ只中の曇り空。
早くすっきりとした青空が見たいものですね。
もし今日、太陽が出ていれば昼を一番長く感じたのに。。。

そう、今日6月21日は夏至です。

夏至と言えば、2003年に始まった
「100万人のキャンドルナイト」と言うイベントがあります。

夏至(と冬至)の20:00~22:00の2時間、
電気を消してロウソクの灯りの下、
ゆったりとした時間を過ごそう、
いつもとは違うゆっくり流れる時間の中で、
色々な事を考えてみよう

と言うもの。

今年は夏至に先駆けて6/16(土)に
「100万人のキャンドルナイト@増上寺2018」(東京都港区)が行われました。
この日は東京タワーも20:00に消灯し、
ロウソクの灯りの中様々なイベントが行われました。

私は参加できませんでしたが、
「100万人のキャンドルナイト」では
今日から7/7のクールアースデーまで
「スローな夜」を呼びかけています。

夏至の今日の日ぐらい、
普段とは違った時間の中で
様々なことに思いを巡らせるのも良いかもしれません。

by YAMAZAKI

にほんブログ村 住まいブログへ  

簡単に曲がれない飛行機


飛行機の操縦はもちろん難しいのですが、

操縦の前にまず地上と空の上との感覚が全然違います。

車と同じようにハンドルを切ったらその方向に確実に曲がれる訳ではありません。

飛行機が曲がる時にはまず車でいうハンドルを操作して曲がりたい方向に

機体を傾けます。(ロールさせる)

これだけでも多少は曲がります。

次に足元の左右のペダルを操作して垂直尾翼に付いている左右に

動くラダーという舵を操作するとやっと曲がる事ができます。

旋回中は高度が下がりますので上向き上昇の作業も同時に行います。

又、飛行中は風の影響も受けますし、曲がりすぎたら逆ハン切って

戻したりもしながら進みたい方向へ機体を合わせます。

小さい頃に遊んでいた軽いおもちゃのグライダーのような物は垂直尾翼のラダー

を右に動かすと簡単に右に曲がりますが実機だと慣性の法則で機首は

右を向いたまま機体は真っすぐ進んでいきます。そうアイスバーンで車が

ハンドル切っているのに真っすぐ進んで行くような感じです。

ですので傾ける動作も同時に必要となります。

飛行機は曲がるだけでも大変な作業が必要なのですね。

by.Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

いつまでコンタクト?


私はコンタクトを使用していますが、右と左の度数が若干違うので

逆に入れた場合や裏表を間違えた場合は当たり前ですがかなりの違和感があります。

すぐに入れ直したいのですが、一旦、手を洗ったりするので水のある所でないと

できない作業です。コンタクトには裏表を認識するマークが記されているので

よく確認しましょう。

あと、よく考えるのがこのまま歳を取って何歳までコンタクトを付け続けるのか・・いつ眼鏡に

移行すればよいのか・・悩むところです。まぁ自分の判断だけどね。あと老眼との関係も

ありますね。

そのうち80や90歳代でコンタクト使用の人も増えてきますよね。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

昭和のかをり


先日、お客様宅へ打ち合わせに伺った時、
とても懐かしい物を見つけました。
それは、、、

電話

ダイヤル式の緑電話


ん~、懐かしい!

これを電話と判らない世代もいるのでしょうかねぇ…
回したダイヤルが戻るのがもどかしいんですよね。
特に市外へかける時なんかは(^_^;

お客様に聞いてみると、現役だそうで。。。
使える物を使う、
大事なことですね。

ダイヤル式の黒電話や緑電話は電源がいらないので
災害時に利用できると見直されているようです。

by YAMAZAKI
--------------------------------------------
この度の大阪府北部を震源とする地震により、
被災された方がたに心よりお見舞いを申し上げます。

にほんブログ村 住まいブログへ  

タイル調シール

セブンイレブンといえばあのブラウン色のようなベージュ色のような

レンガ風タイル張りの外観でおなじみですが、

新しめのセブンイレブンの外壁をよ~く見てみると、

なんと本物のタイルではなくシール(シート)にタイルの絵が印刷してあります。

もちろん触るとデコボコしてなくてツルっとしてます。

以前は本物のタイルを張りつけていましたが、

今は本物のタイルに似せたシールを貼っているようです。

遠目に見ると全然分からないですよ。

本物のタイルを張ると建築コストも上がりますし、撤去するのも

コストがかかります。

セブンイレブンが撤退した後にマッサージ店やコインランドリーなどの

他の店が入った場合もタイル模様で元セブンイレブンだという事が

すぐに分かって、テナントさんもあまりいい気分ではないのでは(´・_・`)

シールだと簡単に剥がせて建物のオーナーさんも次のテナントを募集

しやすいという理由があるのかもしれませんね。

もしくは建物オーナーや出店条件などによって変化させているのかもね(*^_^*)

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

気温によるコザちゃんの変化

今日は本当に寒いですね。気温も20度いかない梅雨寒の天気です。

自宅で飼っているコザクラインコの「コザちゃん」は今日の様な寒い日は

放し飼いにしてもお気に入りのハンガーの上で羽を膨らませて

寝ている事が多いです(〃▽〃)

気温が高くなると活発になり家じゅうを飛び回っています。

うちはリビングが2階なので、コザちゃんはいつも2階にいますが

1階で玄関ドアが開く音がすると急いで1階に飛んで行って、

誰が来たのかを確認します。

大好きな妻だと肩にのって、まったりしますが、他の人だと、すぐに

2階に戻ってきます。なんとも現金な態度ですがそんなコザちゃんが

とてもかわいくて愛おしいですよ(*^_^*)

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ  

日本酒


今、日本酒ブームなのでしょうか。
日本酒専門の居酒屋、日本酒専門の飲み放題店、蔵元直営や提携店など
日本酒を売りにした飲み屋が増えているように思います。

私もお酒は嫌いではなく、そして新しいお店も気になる性質なので
そんなお店を見つけると入ってしまうのですが、
そこで扱っている日本酒は見慣れないものがほとんど。
私が知らないだけとも…
また、来ているお客さんも老(二十歳以上の)若男女、幅広い人たちが来ています。

そんな中、飲んで気に入ったお酒を購入できるお店がありました。

所謂【角打ち】なんですが、
扱っている日本酒が、100種類程。
その殆どがあまり知られてはいないものや
お店とコラボ(?)したオリジナルのお酒。

聞くところによると、1400超程の酒蔵が日本にあるそうです。
その中で、
メジャーではないけど、美味しいお酒を造っているところや、
若い蔵元さんが頑張って新しいお酒を造ったりなどしていて
それらを紹介したいとのこと。

(S48頃)は3,303もあったらしい酒蔵、
年々減ってゆく中
蔵元さんも酒屋さんも色々な手法で頑張っているんですね。


まだ飲んだことのない日本酒が沢山。
気になります…w

お酒が嫌いではない、YAMAZAKIでした。

にほんブログ村 住まいブログへ  

 ↓↓↓↓
続きを読む

ランチ営業。

居酒屋で昼間、ランチを行なっているお店が結構ありますよね。

お店によっては前日の残り物を出したり、夜にお店に来てもらう為に

かなり安い金額でボリュームたっぷりしかも美味しい料理を出したり、

皆さん、試行錯誤していますねぇ。

サラリーマンがワンコインで食事できて、美味しくて、お昼休み時間内に

食べ終えるように早く出てきて、飽きないように日替わりランチがある

そんな夢のお店があるような、ないような。

サラリーマンの聖地、新橋では競争が激しいので海鮮丼とかを

ワンコインで提供しているお店があったり、日替わり定食が

398円のところもあるらしいです。

夜の来店を見込んでの金額設定でしょうが、熾烈な争いが

繰り広がれていますね。

by Masa

にほんブログ村 住まいブログへ