FC2ブログ

津軽鉄道でゆっくりと

私の妻の実家がある青森県五所川原市には「津軽鉄道」という

小さな鉄道が走っています。地元の人は「津鉄(つてつ)」

呼んでいますよ。

始発駅から終点までの約20キロを1両又は2両編成でディーゼルエンジンの

音を響かせながらゆっくりと津軽平野を走り、冬になると車内でストーブを焚いて、

その上の網で乗客達がスルメなどを焼いて食べたりしています。

夏は風鈴が車内に吊るされ短い青森の夏に涼やかな音を奏でています。

鉄道マニアも遠方から訪れて全国に1つしかなくなった腕木式信号機や

単線の為に正面衝突を防ぐタブレットとスタッフの交換作業などを撮影したり

しています。

私が20代の頃に帰省してた時はキハ形の古くて哀愁のある車両が走って

いましたが今はちょっと新しくなって写真の様な津軽21形となりました。

五所川原は太宰治の出身地なのでヘッドマークは「太宰」となっています。

津鉄に乗ってのんびりと津軽旅行はいかがですか?

by Masa



にほんブログ村 住まいブログへ  

コメント

非公開コメント